薬剤師専門 転職・就職活動 求人情報サイト
★毎日更新★小・中規模薬局 薬剤師求人掲載
《小・中規模を中心とした調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業》薬剤師の求人を分かりやすくご紹介、100%満足の転職を実現!




お役立ち情報

転職・就職に有利になる 認定薬剤師・専門薬剤師について

「認定薬剤師」と「専門薬剤師」の違いとは

薬剤師には、専門分野を扱うことが出来る、専門薬剤師と認定薬剤師があります。
「認定薬剤師」と「専門薬剤師」との違いとは何でしょうか?

認定薬剤師・・・日本薬剤師研修センターが調剤薬局の薬剤師を認定

薬局認定薬剤師は講習を受講し定められた単位を取得すれば認定されます

専門薬剤師・・・日本病院薬剤師会が病院の薬剤師を認定

病院認定薬剤師は、既定の講習+症例の検討、試験、そして病院認定薬剤師(学会発表、学術論文、試験)を経て専門薬剤師になることができます。
専門薬剤師の役割は、チーム医療の中で重要です。
医師が医療のすべてを担うには限界があり、チーム医療の中で医療スタッフがそれぞれ責任を分担する時代がきています。
専門薬剤師は、薬のエキスパートであり、薬物治療の安全と質を確保する上で、血液の中の薬物濃度をモニターしたり、心電図に影響を及ぼす薬剤の使用中には心電図検査をモニターするなど、患者さんの状態を確認し、治療にかかせない情報を集めることもできます。
また、抗がん薬の投与設計や用量の増減などについても責任を持って行う能力を備えています。
多くの病院では、医師と協力して、がん化学療法の説明を実施しており、薬に関わることは全て薬剤師が責任を持って行っています。

認定薬剤師の種類

  1. がん薬物療法認定薬剤師
  2. 感染制御認定薬剤師
  3. 精神科薬物療法認定薬剤師
  4. HIV感染症薬物療法認定薬剤師
  5. 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
  6. 認定実務実習指導薬剤師
  7. 漢方薬・生薬認定薬剤師
  8. 緩和薬物療法認定薬剤師
  9. プライマリ・ケア認定薬剤師
  10. 認定指導者(認定指導薬剤師)
  11. 在宅療養支援薬剤師
  12. スポーツファーマシスト
  13. 救急認定薬剤師
  14. 抗菌化学療法認定薬剤師

生涯必要とされる薬剤師になる!

個々のスキルアップ向上にも人気がありますが、薬剤師の転職に有利に働く事が多々あります。

  1. 薬剤師として、調剤薬局で20年勤めました。
  2. 薬剤師として、調剤薬局で10年勤め、指導薬剤師、ガン薬物療法認定薬剤師を取得しました

転職市場において「調剤薬局」や「病院」、「ドラッグストア」から年収を考慮してでも必要とされる人材はどちらでしょうか。
薬剤師として経験年数も大切ですが、②の事例は意欲的に薬剤師の仕事へ専門性を持って取り組まれていた事が伝わってきます。
依って「何をどこまでやってきたのか」、自分の専門知識や技量をわかりやすくアピールすることができるので明らかに有利なのです。

これから求められる『認定実務実習指導薬剤師』

『認定実務実習指導薬剤師』という認定を耳にした事があるかと思います。
薬学のさらなる複雑化を受け、薬剤師になるための大学教育も4年制から6年制課程へと引き上げられ、
より実践的な薬剤師育成を目指して長期間にわたる病院や薬局での実務実習がカリキュラムに組み込まれることになりました。
この実務実習教育に対応するために新たに設置されたのが、「認定実務実習指導薬剤師」という制度です。
つまり、薬剤師の卵たちの適正な実務実習を指導するのが認定実務実習指導薬剤師となり、いわば薬剤師の先生ともいえます。

認定実務実習薬剤師になるための条件

  1. 薬剤師としての実務経験が5年以上
  2. 日本薬剤師研修センターによる既定の研修を受けて受講証明書取得

薬剤師の業務で最も大切な事、『患者さんとのコミュニケーション』と言われています。 薬学生にとって学校の授業では学ぶ事ができないため、実務実習を通して大きな経験をする事になります。 認定実務実習指導薬剤師の方に求められるものが多く、なかでもコミュニケーションスキルの高さは重要と言えます。

薬活.comでは、薬剤師の皆様一人一人に合った求人をご紹介いたします。小規模、中規模、大手の調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業のラインナップで納得の転職を無料でサポートいたします。全国で転職相談会も行っておりますのでご相談のみの方もお気軽にお問い合わせ下さいませ。