薬剤師専門 転職・就職活動 求人情報サイト
★毎日更新★小・中規模薬局 薬剤師求人掲載
《小・中規模を中心とした調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業》薬剤師の求人を分かりやすくご紹介、100%満足の転職を実現!




お役立ち情報

病院薬剤師の主たる業務紹介

主に入院患者のための調剤を行う薬剤師。 患者さんのカルテを読み、医師・看護師と同様に患者に接する仕事です。 現在では、 医薬分業が進んでいる為、 病院の入院患者さんのために調剤を行いますが、 唯一患者さんの顔と病状を見ながら仕事ができるのでやりがいある職場です。 病院勤務希望をされる薬剤師さんの多くは、 カルテだけでなく実際に患者さんの顔が見たいということが多くの志望動機です。

(1)調剤業務

(院内調剤)

入院患者さんの薬を調剤、薬剤管理指導、持参薬鑑定をします。近年は処方を自動化しオンラインで処方が薬剤部に届いたり、ミスをはじくようなシステムを導入する病院が増加しているそうです。

(外来調剤)

外来患者さんの薬を調剤、相互作用、処方ミスをチェックして薬歴をつけます。近年は医薬分業で外来患者さんの処方は院外処方(病院外の薬局で調剤してもらう)に変わりつつあります。

(注射剤調剤)

注射薬を用意し病棟に運ぶ業務。近年大規模病院ではアンプルピッカーという機械で自動的に用意し監査を薬剤師がするというシステムがとられている。

(注射剤無菌調剤)

抗がん剤や栄養剤など患者さん個人により成分が違う場合、無菌室でクリーンべンチを使ってオーダーメイドします。

ほかにも病院によって救急病棟やICUに出張調剤したりNICU(新生児集中治療室)向けの調剤など様々です。

(2)製剤業務

各種製剤用の機器を設置し、数種類の薬品を調製して市販されていない注射剤、点眼剤、軟膏剤、その他病院内で使用される消毒薬など特殊な薬もつくります。
市販されていない薬は、患者さんの治療、診断に必要な薬を医師からの依頼により調製をおこなっています。
各患者さんに必要な全ての薬が、製薬企業より供給されている訳ではありません。もちろん製剤品については、安全性、有効性、製剤方法などを十分に検討した後に調製しています。
製剤室には高圧蒸気滅菌器、蒸留水製造装置、乾熱滅菌器、クリーンベンチなどが設置されています。
医療機関の必要性に応じては、薬剤部内に無菌室、滅菌室、蒸留水製造機なども設置しています。
つまり、製薬メーカーの工場を小さくしたような設備、機器を用いて、病院薬剤師が最も適した薬を調製しているのです。
製剤は患者さんの目に触れる業務ではないですが、よりよい薬物治療を行うためには必要な業務となっています。

(3)医薬品情報業務

新薬の情報や添付文書の改訂、緊急安全性情報を各部門に伝えたり情報を管理します。
また副作用や新しい効果が発見されたりするので多くの文献からこれらの情報を収集し、できる限り早く医師に伝えて薬が適正に使用されるよう協力しています。

(4)病棟における薬剤業務

医薬分業が進み病棟に出向き、服薬指導や医師にアドバイスしたり、また医師の求めに応じて処方設計したりします。
患者さんに対しては、副作用が出ていないかなどのチェックをしたり、患者さんとお会いして薬についての情報を提供したりしています 。また薬物治療の効果をデータ化し医師、看護師と協議するといった仕事が増えてきています。

(5)外来化学療法関連

通院してがんなどを治療している患者さんに処方監査、調剤、服薬指導をします。

(6)医薬品管理

薬の在庫管理をですが、近年この業務は在庫管理から納入までする業者に外部委託が進んでいます。

(7)治験管理

事務申請、治験審査委員会の運営、同意書の管理や服薬指導をします。

(8)遺伝子治療関連

遺伝子情報による薬の指導をします。

薬活.comでは、薬剤師の皆様一人一人に合った求人をご紹介いたします。小規模、中規模、大手の調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業のラインナップで納得の転職を無料でサポートいたします。全国で転職相談会も行っておりますのでご相談のみの方もお気軽にお問い合わせ下さいませ。